質問するためにはどうすればいいの?質問力について

スポンサーリンク

皆さん、質問してますか?

 

僕らはわかんないことばっかりです。

お前とは違うよなんて言葉は聞こえません!

 

僕らはわかんないことばっかりなのです!

 

何も知らない子猫なのです!

 

生まれたてのひよこなのです!!!!

 

 

僕らは何も知らない迷える子羊(動物が多いね)

しかし、いつまでも子羊じゃいられません。

社会には狼がいっぱいいます。

そんな狼から身を守るため、

知識をつける必要があります。

 

知識をつける方法は大体こんな感じ

  • 本やネットで調べる
  • 実際に経験して感じる
  • 人に聞く

 

・本やネットで調べる

基本的なことですね。

初心者などが一番最初に

基本的なルールなどを学ぶのはこれがいいと思います。

また、一周回って

超上級者とかになるとこれでいいと思います。

 

・実際に経験して感じる

お勧めはこれです。

何はともかく経験が一番!

何でもかんでも実践あるのみです。

 

とはいっても実際にやってみるって人は

余り多くありません。

なぜでしょう?

 

それは、

怖いからです

 

 

わからない状態で飛び込むのが怖いのです

飛び込んだ先に何があるかわからないため

飛び込むことに躊躇してしまうのです。

 

ホントはわからなくても

そのわからなさを楽しんで

飛び込んでいってほしいのですが

なかなかそうはいきません。

 

そんな人は

次のような方法がお勧めです。

 

・人に聞く

そう、人に聞くです。

 

わからないから飛び込むのが怖い。

 

だったら飛び込んだ先に何があったのか

経験者に聞けばいいんです。

 

もちろん、人に聞くというのも

万能ではありません。

 

というのも、

状況が変わっている場合もありますし、

経験者の人と同じように行動できるとは

限らないからです。

 

しかしながら実際に経験した人の話というのは

とてもためになります。

どんどんと人の話を聞き、

質問をしましょう。

 

(よく質問される人)

 

ここから本題です。

 

どんどん人の話を聞き、

質問をすればいいのはわかりました。

 

聞くことについては、

人が話してくれるのを聞けばいいのですが、

こんな悩みは無いでしょうか?

  • 何を質問すればいいかわからない
  • 質問していいこととしてはいけないことがわからない
  • どの程度勉強してから質問すればいいかわからない

 

これらの問題全部僕が解決しましょう!!

 

 

それでは説明していきます。

 


ポイントは1つの心構え


 

それは、

 

相手を怒らせるつもりで質問する

 

の一つです。

 

怒らせるといっても、

ふざけた態度ということではないですよ。

 

聞きづらいことを聞かなくては、

真の知識というのは得られません。

 

質問の時に聞きづらいと思うのは、

相手に怒られる、呆れられる

というのが主な原因です。

なのでそれを先に覚悟しておこうというわけです。

 

 

 


怒られてもう教えてもらえなくなったらどうするか?


 

どうもしません

 

質問したくらいで本当に怒る人なんてそうそういません。

しばらくしたら今までと同じように接したらいいでしょう。

 

本当に怒っているならしょうがないです。

正当な質問して怒るような人なんてほっとけばいいんです。

同じような経験者なんて割といます、別の人を探しましょう。

 

 


まとめ


 

どうでしょうか?

 

怒らせるように聞く、だなんて

それができれば苦労はしない!

とか思いました?

 

そうですね、

そもそもそんなことができる人は

質問に対して苦労はしないでしょう。

 

怒らせるということに対して、

抵抗がある人もいるでしょう。

 

しかし、僕は質問するからといって

下手に出る必要は無いと考えています。

 

 

質問される人にとっても、

質問されるというのはとてもためになります。

 

人から質問されることで、

今までぼんやりと考えていたことが、

言語化できるようになったり、

考えてなかったことのきっかけになります。

 

そのためには質問者の

質問がどれだけ回答者の予想外にできるか

ということなのです。

 

自分と相手、ともに成長できるような質問をしましょう。

どんなに基本的なことでも突き詰めていくと

回答者のためにもなります。

 

 

 

以上、それでは!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました