小池百合子は政界をかき回し、最後には希望が残りました笑

政治関係
スポンサーリンク

どうも、ほけきよです!

 

希望の党の小池百合子さんが

共同代表を辞任して、

都政に専念するそうです。

 

NHKや読売新聞、民放各社など複数のメディアによると、11月14日午後3時頃、小池百合子東京都知事が、自身の率いる「希望の党」代表を辞任する意向を固めたと周囲に伝えたという。各社が速報で伝えた。

NHKなどによると、小池知事は、先週、玉木雄一郎衆院議員が同党の国会議員の共同代表に選出されたことを受け、13日、玉木氏と会談した上で、新しい執行部の体制について対応を一任する考えを伝えたという。

小池知事は、10月22日に行われた衆議院選挙の結果を受け、「党を立ち上げた当人なのでしっかりと責任をとって、今後の党の運営などを責任をもって進めていきたい」と述べ、代表続投の意向を示していた。(随時更新)

楽天ニュース:小池百合子都知事、希望の党代表辞任

 

選挙の前にも書きましたが、

明らかに失速しましたもんね。

参考記事:選挙が熱い!と思ったけど、小池百合子がでないなら盛り上がりそうに無いよね

 

でもまさか、

ほっぽり出すとまでは思わなかったですね!

 

 

スポンサーリンク

なんだったの希望の党?

小池百合子が希望の党を発足したのが

2017年9月25日

そこから民進党と合流を表明し、

選挙の台風の目になるか!?

というところでしたが、

民進党全員を受け入れない

ということを表明したため、

受け入れられなかった民進党員が分裂し、

立憲民主党を発足し、

グダグダになった。

 

選挙の結果も芳しくなく、

第一野党は立憲民主党に譲ってしまう結果に。

 

選挙の結果を受け、

党の総会で小池百合子は

国政には口出しをしないと宣言。

 

そして今回、

共同代表も辞任し、

都政に専念するとのこと。

 

結局残ったのは

沈みかかった希望の党で、

希望の党の有権者、議員は

見事にはしごを外されてしまったことでしょう。

 

 

どうすればいいんでしょうね今の政治

今回の希望の党のことで思ったのは、

政治はコツコツしないと駄目なんだな

ってことです。

 

小池人気が出てきて

それに乗せられて、

希望の党が発足したわけですが、

 

小池人気が下がるにつれて

勢いも衰えてきました。

 

こういう風に人気があるから

みたいな政治は

安定感が無さ過ぎますね。

 

小池百合子だけの話ならまだいいんですが、

今回の希望の党に乗ったバカな議員たちは

もう信じることができないです。

 

党を変えればリセットされるという風に

考えているのが救えないです。

 

今回の小池百合子みたいに

途中で投げ出しても、

党の名前を変えればいいと思っているんでしょう。

 

失敗しても、

それを反省し、

行動で信頼を回復させていくという

我慢強さというものを持つ政治家の方が

真に信頼できるんだと思います。

 

 

まとめ

小池百合子が政界をかき回し、

最後には希望が残りました。

 

なんかの童話みたいですね笑

 

政治家は人気商売かもしれませんが、

人気に振り回されないように

行動心がけてほしいものですね。

 

それでは!

 

良ければコメント・シェアをお願いします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました