職場の先輩のアドバイスが手を抜くの時は早めに転職を考えた方がいい、おそらくそこはストレス職場

スポンサーリンク

職場の先輩のアドバイスはありますか?

『死ぬ気でやれ』

みたいなアドバイスは論外ですが、

『適度に休んだほうがいいよ』

というアドバイスにも

要注意です。

職場の先輩が自ら休む事を

勧めるということは

職場自体に休ませるような風には

なっていないということです。

つまり自分自身で体調を

考えなくてはならず、

職場は体調については

ノータッチということです。

本来なら、それが社会人として

体調を管理するというのは

普通なのですが、

問題は有給を使いづらかったり

残業が慢性的になっている場合です。

体調を管理しようにも

体を休めれるような暇が自分から

取ることができません。

なので体調を管理しようにも

できず、責任だけ自分に

降りかかってくるというわけです。

結局仕事の手を抜いて

自分の体調を管理せざるを

得なくなります。

本当は頑張りたいはずなんですが

そういう風にサボらないと

自分を守れないというのは

自分としてもサボりぐせが

ついてしまうため、

よくない事になります。

職場にいても自分の能力が

下がっていくだけだったら

そんな職場には長くいない方が

いいと思います。

自己責任を押し付けて、

その自己責任を果たせるような

仕組みになっていないというのは

会社としてあまりに無責任です。

何でもかんでも自己責任であるならば

そんな会社に忠誠を尽くす必要はありません。

会社と会社員というのは対等であるべきです。

危ないと思ったらすぐ転職しましょう。

俺の話を聞け
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほけきよをフォローする
スポンサーリンク
ほーほけきよ、隣のだれかさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました