【雑文】最近お酒に弱くなってる気がする

日常生活
スポンサーリンク

最近お酒に弱くなってる気がする。

普段お酒は飲まないのだが、飲み会なんかがある時はよく飲むって感じです。

最初の一杯でビールを飲んだ後は大体いつもハイボールかウイスキーの水割り。

それを話の相槌を打つたびにコクリコクリと飲んでいる。

そんなもんだから気づいたら結構飲んでしまう。

お酒を飲んでもなかなか顔に出ないので他の人から見るとあまり酔っていないように見えるそうだ。

ただ、実際は結構酔ってて、記憶をなくすこともしばしば。

気づいたら家に帰ったりしててポテチなんかを食い荒らした跡が残ってたりする。

一応酒癖が悪くないらしいのが救いだ。

この前なんかも飲み会があって、そこにいた人とまた会った時、すごく盛り上がったということを話してくれたのだが、実は僕はそのことを全く覚えてなかった。

また別の時も、あの時はすごい愛について語ってたねなんて言われたりした。

これもまた覚えていない。

また別の時も宅飲みでそのまま友達の家に泊まったのだが、起きたらそこで知り合った人から先生と呼ばれていた。

なんか熱い演説をしたらしい。

酔っている時の自分の事を聞くと、高笑いをして熱い話をして愛について語る男だそうだ。

なんか楽しそうである。

できるなら自分もその男に会ってみたいものなのだが、その時僕は記憶をなくしているので会うことはないだろう。

なんとなく楽しかったという記憶はあり、そのせいでまた飲み過ぎるのをやめられない。

月並みな言葉だが、学生時代なんかは飲み過ぎても酔って記憶を飛ばしたり、寝たりすることは少なかった。

やらかしてしまったこともあったが、そのことについても覚えており、迷惑をかけた人には謝りにいくことも多かった。

ただ最近は忘れることも多く、起きた時にちょっと怖くなる。

また問題を起こしてないから危機感がないのだが、いつか治るのだろうか。

酔って面白い人である内は周りも許容してくれるだろうが(実はもう陰で何か言われてるかもしれないが…)なかなか不安であるところだ。

酔った自分に自分が会うことができれば治るかもしれない。

こうやって不安があるのに酔い続けるのは、僕自身も酔った自分に会いたいからだと思う。

だって周りの人の話を聞いてると、すごく面白そうな人だから。

というわけで酒が弱くなっても僕はまだ酔い続けるでしょう。

ただもしかしたらその前に健康的な理由でお酒をやめることになるかもしれない。

この前の健康診断で肝臓が悪いと言われたのだ。

困ったものだ。

おわり

日常生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほけきよをフォローする
スポンサーリンク
ほーほけきよ、隣のだれかさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました