さんきゅー俳句

スポンサーリンク
さんきゅー俳句

俳句の基本要素とその理解へのガイド

段落構成はじめに:「俳句とは何か」についての簡単な説明と、その美しさや深遠さ、また、そこに込められた日本の四季や自然への感銘について述べます。俳句の基本:俳句の基本的な形式である「五・七・五」のリズムについて解説します。さらに、俳句が短い詩...
さんきゅー俳句

俳句作りのために知っておきたい失敗パターン

本記事の概要イントロダクションこの部分では、本記事の目的とテーマを紹介します。俳句の美しさと奥深さを称えつつ、俳句の制作には特殊なスキルと理解が必要であるという点を強調します。それから、誤解や一般的な誤りについて議論し、これが俳句の真実の美...
さんきゅー俳句

2022年10月難読漢字

句会で読み方が曖昧だった漢字紺青 こんじょう顕れ あらわれ肌理 きめ猪威 ししおどし被う おおう旅籠 はたご六艘 ろくそう篝火 かがりび枝折戸 しおりど落柿舎 らくししゃ訪う とぶらう深庇 ふかびさしお櫃 おひつ山城址 さんじょうし虚栗 み...
スポンサーリンク
さんきゅー俳句

東海の句集を読む_宇佐美魚目『天地存問』

・はじめに古本屋で句集を見かけるとなるべく買うようにしているのだがあまり読んでない。これはいかんと思い、まずは東海の人の句集を読む事にした。家にある句集を発行日順に並べて一番古い句集から読むことに。まず1回目として、宇佐美魚目の『天地存問』...
類句探訪

類句探訪『桜』

はじめに類句は共感『桜』の俳句によく出てくる言葉を紹介します。 頻出名詞桜、風、雨、花、空、山、色、枝、下、音、闇、幹桜一本の桜、桜咲く、夜の桜、夕桜、遅桜、八重桜、山桜、初桜、桜雨、桜吹雪、桜満開、大桜、朝桜、桜闇、糸桜、吉野の桜、河津桜...

笹2022年3月号(507号)感銘句

笹2022年3月号(507号)の感銘句を紹介します。 伊藤敬子創刊主宰の一句(石太郎抄出)花ふぶき幾歳月の名古屋城 伊藤敬子(句集『千艸』より)幾歳月もの時を経た名古屋城が桜の花吹雪に包まれて壮麗な姿を見せている情景を思わせる。春先に吹く強...
類句探訪

類句探訪『卒業』

はじめに類句とは共感『卒業』の句によく使われている言葉を紹介します。 頻出名詞卒業、袴、母、胸、空、少女、父卒業卒業期、卒業歌、卒業式、卒業生、卒業証書、卒業の日、卒業児袴ぎこちない袴、借りた袴、憧れの袴、紫の袴、袴と靴母離れる母、華やぐ母...
類句探訪

類句探訪『春炬燵』

はじめに類句とは共感『春炬燵』の俳句の頻出語句を紹介します。  頻出名詞母、夫、猫、旅、妻、足、膝、鉛筆、トランプ 母笑顔の母、母の部屋、母似の人、母の言葉、母の似顔絵 夫喧嘩する夫、居る夫、出不精の夫、読書する夫、食べる夫 猫素通りする猫...
類句探訪

類句探訪『春の雪』

はじめに類句とは共感『春の雪』の俳句の頻出語句を紹介します。 頻出名詞音、舞、傘、窓、積、屋根、母、夫、山、猫、灯 音軽い音、心の音、釘の、雪の、大きな 舞心の、雪の、息の、世の 傘ひとつの、さす、透ける、聴く 窓に雪、を曇らす、閉める 積...
類句探訪

類句探訪『雪解』

はじめにほけきよ類句とは共感『雪解』の俳句の頻出語句を紹介します。頻出名詞川、風、音、雫、富士、光、山、靄、海、声川雪解川、またぐ、急ぐ、貫く風雪解風、頬に音止める、立ち上がる、受ける、高まる、水音、響く、雫聞く、の中に、受ける、一瞬富士眩...
スポンサーリンク