メンツなんてクソ喰らえ!自分の意見に執着せず、発言をコロコロ変えるべき

スポンサーリンク

どうも!ほけきよです。

 

初志貫徹ってどう思います?

 

かっこいいなあと思いませんか?

 

僕は初志貫徹って

すごくかっこいいと思うんです。

 

最初に決めたことを

最後まで貫くって

すごいことじゃないですか。

 

できれば

そういう風にありたいなと思いますよ。

 

 

で・き・れ・ば

 

でも、実際はそんな風に

最初に決めたことを

ずっと変えずにいるって難しいですよね?

 

初志貫徹は素晴らしいんですが、

実際は難しい!

 

なので、僕は自分の意見というのは

コロコロ変えていくべきだと思うんです。

 

 


変化は成長


昨日言ったことが今日は違ってる。

 

外から見たらぶつ切りの

意見しか見えないので、

繋がってないように

見えます。

 

でも、自分の中では

ちゃんと理由があるもんです。

 

(こんな風に考えてます)
 

変化の理由があり、

それが自分の中では論理的に

繋がっている場合、

その変化は自分の中で成長

に変わります。

 

外から見たら、

昨日と言ってること違うじゃねえか!

となるかもしれませんが、

そんなのはシカトです。

 

いちいち説明なんてしてられません。

 


発言を変えていくことで自問し考えが定まってくる


もし、自分の中で論理的に

繋がっていなくても良いんです。

 

なんとなくいやだ

とかそんなんで大丈夫です。

 

(こんな風にね)
 

自分の感情というのは、

自分が言語化できないような考え

結論をつけてくれているのです。

 

言語化できないからと言って、

それを抑える必要はありません。

 

そうして言語化できなくても、

意見を変えていくことで、

自分自身で自問自答することになります。

 

(悩んでます)
 

それを繰り返すことで、

自分の感情と向き合い

徐々にその感情の正体が見えてきます

 

それによって、

感情の言語化や考えが

固まってきたりするのです。

 

 


一度言ったくらいで執着してたら後悔してしまう


以前に言ったことと変わっていたら

鬼の首を取ったかのように

そのことを責めてくる人がいます。

 

(まるで鬼のように)
 

今のネット社会では、

過去の発言も見れますし、

簡単に保存することができるので、

そういうことが多いような気がします。

 

立場があるから

影響力があるから

メンツがあるから

 

そう言った理由で、

自分の本意とは違う意見を持ち続けると、

だって本心とは違うし、と

いったような言い訳を

持ち続けてしまうことになります。

 

(いじけちゃいます)
 

そうしてしまうと、

自分の心に負い目を持ってしまい、

パファーマンスの低下につながります。

 

また、良い結果になった時は

良いかもしれませんが、

悪い結果になった時に

自分を責めてしまうことになります。

 

後悔しないように

自分がどうしたいのか考えましょう。

 

メンツや他の人の目で縛られてしまう

必ず後悔してしまいます。

 

 


まとめ


意見はコロコロ変えましょう。

 

自分の意見を固めるためには、

意見を発することが大切です。

 

(とりあえず叫ぶ)
 

論理的でも感情的でも良いんです。

 

そうやって、

意見を繰り返し発することで

その意見は磨かれていきます。

 

自分の意見を磨いていきましょう。

 

そこに他人の目は関係ありません。

 

 

それでは!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました