人の意見に流されず、波風を楽しむ

スポンサーリンク

どうも!ほけきよです!

 

僕が日々を楽しく過ごすために

気をつけてる事の1つに、

できる限り波風を立てるように

するということがあります。

 


波風を立てるとは?


これは、例えば

特に人間関係についてなんですが、

自分の意見と違う意見が出た時に、

反論することや反論されること

をメンドウに思ってしまって

その場をなあなあに

済ましてしまうということが

ありませんか。

 

(まあまあまあってね)
 

そんな時に、

自分と違う意見が出た時でも、

その時の場の雰囲気に流されず

自分の主張を変えない

ということです。

 

勘違いされそうなのは、

反対意見がでたら徹底的に

反対するということなんですが、

それとは違います

 

(こんなのじゃないです)
 

感情的にならずに、

自分の意見を強く持ち

しっかりとそれを

主張するということです。

 

 


なぜ波風を立てるのか?


おおきな目的としては、

自分の意見を磨くためです。

 

(ぴかぴかにするためにね)
 

僕は、自分の意見というのは

完全ではないとおもっています。

 

しかし、自分の意見というのは、

現在の自分が考えれる

最高の意見ということも

思っています。

 

そのため、

自分の意見を話し、

他の人の意見を聞くことで、

自分の考えとの差を考えるのです。

 

そうすることで、

自分の意見を磨いていき、

更に良い方へと考えていける

と思っています。

 

この時、人の意見と

とことんまでぶつからないと

曖昧なままになってしまう。

 

いつまでも変わらないままなんですね。

 

それでは面白くないと思っています。

 

結果が見えないことこそ面白い

先が見えないとワクワクします。

 

 


波を楽しむ


少しくらい大変でも、

波風を立てると自分や相手の

問題点が見えて来る。

 

そうすることで、

自分を更に磨くことが

できると思います。

 

自分を隠して、

波風を恐れていても

何にもなりません。

 

波を恐れず、

波を楽しむ人間に

なれればと思います。

 

 

それでは!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました