にゃんこスターの面白さがわからなくなって、僕は時代に取り残されるのだろうか

お笑い
スポンサーリンク

どうも、ほけきよです!

 

ちょっと前にキングオブコント2017がありましたね。

 

優勝者はかまいたちというコンビでした。

 

しかし、こういった賞レースでは、

優勝者は売れずに、

準優勝だったり、3位だったりが

売れたりすることがあります。

 

今年もそれがありました。

 

かまいたちは優勝したけど、

全然テレビに出ず、

別のコンビがテレビに出ています。

 

それが、にゃんこスターというコンビです。

 

 

スポンサーリンク

キングオブコント2017 準優勝にゃんこスター

にゃんこスター

ワタナベエンターテインメント:にゃんこスター

 

アンゴラ村長とスーパー3助の男女コンビ。

 

この、にゃんこスターというコンビ、

結構驚くべき経歴なんです。

 

というのも、結成5ヶ月らしいんです。

 

また、結成のきっかけは、

2人の交際がきっかけだそうです。

 

交際きっかけで作ったコンビで、

思い出づくりのために参加したキングオブコントで

なんと決勝進出まで果たし、

準優勝して話題をかっさらっていきました。

 

 

独特なコントで大注目

キングオブコントで披露したネタは、

リズム縄跳び

リズムフラフープ

と言ったリズムネタ?でした。

 

ネタの内容としては、

歌に合わせて女の子が縄跳び(フラフープ)をしながら

小さなボケをかまし、

それを男が大声で突っ込むというものです。

 

あと、独特なのは、

最後の締めでコンビ名をアピールするところです。

 

決勝の1回戦、2回戦の両方とも同じネタでした。

 

近いところでは、

もう中学生

のようなネタに近いと思います。

 

 

面白いか、これ?はっきり言ってつまらない

これを見て思ったのは、

面白いか、これ?

というところでした。

 

ネタとしては全然面白くない

 

ネタも単調なボケに、

大声のツッコミの一辺倒で

さむざむしい感じだと思いました。

 

 

エクストリームアイロンみたいなもん

今回、キングオブコントでにゃんこスターが

高得点だった理由はネタの面白さではなく、

別のところにあると思います。

 

それは、

スカし

というところです。

 

他の組は完成度が高いコントを披露していく中で、

まるで素人のような芸を披露することで、

他の組との差がはっきりと見え、

突出した存在になれたのだと思います。

 

例えるなら、

エクストリームアイロンみたいなもので、

ただのアイロンがけなら

普通のことなんですが、

山の上でアイロンがけをしたら、

すごく見えるというような感じです。

 

ただ、このことは

にゃんこスターをとぼしめているわけではなく、

まず、決勝に残るまでの

実力があることがすごいと思います。

 

キングオブコントの1回戦や2回戦だと、

おそらく似たようなコンビはたくさんいると思うので、

にゃんこスターはそれほど目立った存在では

ないんだと思います。

 

ただ、それが準決勝、決勝と進むにつれて、

その素人臭さが武器になっていったのでしょう。

 

審査員はそういうところも含めて高得点を

つけたのだと思いますが、

お笑い以外の雰囲気を

重視しすぎたのではないかとも感じます。

 

 

まとめ

結局、今回にゃんこスターがなぜ風に乗れたかというと、

キングオブコントという、

皆が優勝を目指してネタを磨いてきたコンビの中で、

優勝を狙ってないような、

スカしがうまくハマったからだと思う。

 

それは狙ってやったのか、

それともコンビ結成5ヶ月だからかというのは

これからテレビに出て、

活躍を見てみればわかるはずです。

 

僕は今はまだ評価することはできないですが、

このままにゃんこスターが変わらず、

世間の評価が上がり続けるなら、

僕は世間のお笑いから取り残されるのかもしれないです。

 

それでは!

 

よければコメント・シェアをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました