類句探訪『桜』

類句探訪
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

類句は共感

『桜』の俳句によく出てくる言葉を紹介します。

 

頻出名詞

桜、風、雨、花、空、山、色、枝、下、音、闇、幹

一本の桜、桜咲く、夜の桜、夕桜、遅桜、八重桜、山桜、初桜、桜雨、桜吹雪、桜満開、大桜、朝桜、桜闇、糸桜、吉野の桜、河津桜、薄墨桜、桜大樹、滝桜

風に乱れる、風立つ、風騒ぐ、風に鳴る、来る風

明かす雨、雨となる、雨過ぎる

花済み、花とする、花の隙間。花の雨、花過ぎる

空のキャンパス、薄曇りの空、静かな空、紅の空、小さくなる空

開眼の山、一山、山の星、ただの山、桜山

桜の色、海の色、秘める色

枝の弾み、重たい枝、枝々、枝の向こう

桜の下、真下

音を失う、櫓の音、音を立てる、音を遡る

闇を脱ぐ、闇が詰まる、闇に溶ける、根の国の闇

幹沿い、幹の息遣い、幹が朽ちる、幹を撫でる、竜のような幹

 

頻出動詞

散る、咲く、満ちる、仰ぐ、思う、行く、見る、待つ

散る

桜散る

咲く

咲きのぼる、桜咲く、まだ咲かない

満ちる

咲き満ちる、桜満ちる、匂いが満ちる、心が満ちる

仰ぐ

桜仰ぐ、人知れず仰ぐ

思う

思いもよらぬ出来事、終わると思う、今日明日と思う、一年前を思う、堤と思う

行く

まどろんで行く、雲が行く、川が行く、買いに行く、行って帰らない

見る

指を見る、桜を見る、振り返り見る

待つ

消息を待つ、春を待つ、今日も待つ

 

頻出形容詞

濃い、白い、深い、良い、淡い、薄い、重い、無い、早い

濃い

濃い旅愁、濃い夜、濃い桜、濃い夜空、

白い

白い靴、白い光、白い鳥、白い息、白い鳩

深い

深い水底、深い眠り、深い真心、深い入江、山深く

良い

良い夕べ、一人が良い、良い声、良い間合い

淡い

淡い和紙、淡い桜

薄い

薄闇、薄べり

重い

重い花房、重い風、重い家名

無い

気が無い、校門が無い、人影が無い、故郷が無い、光が無い

早い

一番早い、早く消える、日本一早い

 

おわりに

句としてはネガティヴ寄りな句が多かったです。

類句を恐れずたくさん詠みましょう。

類句探訪
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほけきよをフォローする
スポンサーリンク
ほーほけきよ、隣のだれかさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました