急に雨が降って来たので

clouds during sunset 創作
Photo by Soubhagya Maharana on Pexels.com
スポンサーリンク

急に雨が降って来た。

家を出た時は曇りだったのだが、それからすぐに降り出して来た。

傘を持たずに家を出てしまったので濡れたまま進むしかない。

幸い、今日は平日なので人通りも少ないし、雨音が大きいから多少大きな声を出しても気づかれないはずだ。

そう思いながら歩いていると……

ドンッ!

いきなり横合いから誰かにぶつかられた。

よろけそうになったが何とか踏み留まる。

しかし、その拍子に手に持っていたカバンを落としてしまう。

慌てて拾おうとした時、相手も同じ様にしゃがみ込み、俺よりも先にカバンを拾い上げた。

そしてそのまま立ち去ろうとする。

俺は反射的に腕を伸ばしてその男の腕を掴んだ。

だが、掴んだと思った瞬間、男の姿は消えていた。

まるで最初からそこにいなかったかの様に……

(なっ!?)

思わず息を飲む。

今目の前で起こった事が信じられなかった。

いや、信じたくはなかったのだ。

(そんなバカな事があるはずがない。幻覚でも見ていたのか?)

そう思うが、現実に男が消えた事は紛れもない事実だ。

自分の目を疑うなんて事はない。

取り敢えず落としたカバンを拾おうとして気づく。

いつの間にか雨脚が強くなっていた。

このままここにいたら間違いなくずぶ濡れになるだろう。

仕方ないので一度家に戻ろうと踵を返す。

強くなった雨は肩を濡らし、そろそろ肌着も濡れて来ているようだった。

(帰ったら一度着替えようかな。)

そう思い、家に向かった。

創作
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほけきよをフォローする
スポンサーリンク
ほーほけきよ、隣のだれかさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました