仕事の質を上げたら残業しなくてもキツい

スポンサーリンク

働き方改革が始まってしばらく経ちました。

残業時間も減らされ、プレミアムフライデーもあって

皆さんの職場環境はさぞ良くなったのではないかと思います。

おめでとうございます!!

え?なってない?

なんで?

残業も減ったし

プレミアムフライデーもあるし

何が不満なの?

というような上司の心の声(世間の声)

が聞こえてきます。

ゆーてきついですよ。

残業減っても

プレミアムフライデーがあっても

正直定時時間考えてたらいっぱいいっぱい!!

なんでかって?

だって休みが増えて残業が減っても

仕事の量は減らないんだもん!

そりゃきついっすよ

ただただ仕事の密度が増えてるから

なんなら繁忙期に

そのままの仕事密度で残業が増える分

体感的にはきつくなっている。

実際にもきつくなっている!(はず)

じゃあどうすればいいのかって?

仕事減らせ、納期緩くしろ

その一言ですよ

労働時間の上限を決めるのは当然として

時間だけで仕事のきつさを計っているうちは変わんないよ

俺の話を聞け
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほけきよをフォローする
スポンサーリンク
ほーほけきよ、隣のだれかさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました