やる気がないというピンボケの指摘

スポンサーリンク

よく上司から、やる気あんのか?というズレた指摘を受けます。
 
もちろんやる気はあります。
 
こういうことを言われる理由としては、様々に抱えている業務の中で、優先順位をつけるために上司が言った雑用的業務をスルーすることが多いのです。
 
ここで、じゃあそれを上司に言ったら良いじゃんと思った人、あなたは立派な奴隷になれると思うので是非ブラック会社に勤めてください。
 
上司は私の業務を把握しています。
その上で雑用を振ってくるのですから、当然反論するロジックがあるはずです。
ただでさえ自分より立場が上なのにそんな相手に正面から正論を言ってもこちらの精神が疲弊していくだけです。
 
やるやらないというのをやる気の一纏めで言ってはいけません。
なぜなら、やることはできるんです。
ただ時間が足りないから遅くなってしまうだけ。
 
やる気がないと言われるのは、やる気があることに気づけず時間がないことに気づけていない的外れな意見。
 
的外れな意見に関してまともに取り合う必要はありません。
受け流しましょう。

俺の話を聞け
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほけきよをフォローする
スポンサーリンク
ほーほけきよ、隣のだれかさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました